Teshigotofarm

大好きな仕事と暮らしで創る  バランス経営 じぶんサイズ起業
じぶんの手で仕事や商いを生み育てる

  • TOP
  • >
  • プロフィール

Profile

 
全国書店にて発売中
 

  

 

Teshigotofarm 代表
バランス経営クリエイター/じぶんサイズ起業家
ライフ・ナビゲーター
鈴木 淑子( Suzuki Yoshiko )
 
じぶんの手で仕事や商いを生み育てる女性の起業家、個人事業主や経営者の方々のビジネスだけの成功や充実だけではなく、自分らしい暮らしとともに人生をデザインすることをサポートしています。
 
三代続く町工場の長女に生まれ商店街に育つ。 
子どもの頃に「人はなぜ生まれ、なぜ平等ではないのだろうか」、「自分とは何者なのか」という疑問がわき、ライフワークの原石が芽生え独学で探求を始める。社会人として様々な実務経験を積みながら、世の中の本質を求め国内外のメンターから学び研鑽。
 
2008年、親族の闘病生活をきっかけに働き方の変更を余儀なくされる。細切れ時間を活用し、ライフワークで起業を決意。ライフ・ナビゲーターとして女性のあらゆる人生の問題に向き合い、延べ1,000名以上をサポート。しかし、一人何役もこなさなければならない、仕事以外にもやらなければならないことを多く抱えた状況で活動を続けることはむずかしく、既存のビジネステクニックやノウハウに挑戦するが迷走。
紆余曲折を繰り返しながらもこのような環境下で実践できる仕事の進め方や商いの在り方「じぶんサイズ起業」のノウハウを確立。
 
長年のライフワークで培ってきたことをベースに大好きな仕事と暮らしで創る女性のためのバランス経営を実践、提唱。女性が仕事や商いを通して成長し、その生き方に自信と誇りを持ち、活躍することを応援しています。
 
 
趣味 カフェ巡り MBT(Masai Barefoot Technology=マサイの裸足のテクノロジー)ウォーキング

全国書店にて発売中

Teshigotofarm 代表
バランス経営クリエイター/じぶんサイズ起業家
ライフ・ナビゲーター
鈴木 淑子( Suzuki Yoshiko )
 
じぶんの手で仕事や商いを生み育てる女性の起業家、個人事業主や経営者の方々のビジネスだけの成功や充実だけではなく、自分らしい暮らしとともに人生をデザインすることをサポートしています。
三代続く町工場の長女に生まれ商店街に育つ。
子どもの頃に「人はなぜ生まれ、なぜ平等ではないのだろうか」、「自分とは何者なのか」という疑問がわき、ライフワークの原石が芽生え独学で探求を始める。社会人として様々な実務経験を積みながら、世の中の本質を求め国内外のメンターから学び研鑽。
2008年、親族の闘病生活をきっかけに働き方の変更を余儀なくされる。細切れ時間を活用し、ライフワークで起業を決意。ライフ・ナビゲーターとして女性のあらゆる人生の問題に向き合い、延べ1,000名以上をサポート。しかし、一人何役もこなさなければならない、仕事以外にもやらなければならないことを多く抱えた状況で活動を続けることはむずかしく、既存のビジネステクニックやノウハウに挑戦するが迷走。
 
紆余曲折を繰り返しながらもこのような環境下で実践できる仕事の進め方や商いの在り方「じぶんサイズ起業」のノウハウを確立。
長年のライフワークで培ってきたことをベースに大好きな仕事と暮らしで創る女性のためのバランス経営を実践、提唱。女性が仕事や商いを通して成長し、その生き方に自信と誇りを持ち、活躍することを応援しています。 
 
趣味 カフェ巡り MBT(Masai Barefoot Technology=マサイの裸足のテクノロジー)ウォーキング


活動履歴

2017年6月

じぶんサイズ起業でわたしの「福業」みつけた!ーこれからの生き方、働き方ー講師

2017年5月

未来につながる働き方 じぶんサイズで起業しよう! (SIBAA BOOKS)発売

「学びを収入に変える技術」ワークショップ講師


「お金をいただくブロックを外す」お金のワークショップ 講師

「天職と適職ー大好きなことを仕事にしたい」ワークショップ講師

心やからだ、暮らしや生き方など女性のあらゆる問題と向き合うセミナーやワークショップを自主開催80回以上


活動を応援しています  

 
 

かものはしプロジェクトとの出会い

共同代表の村田早耶香さんの著書「いくつもの壁にぶつかりながら」を読みました。そこには村田さんが『かものはしプロジェクト』 を立ち上げるまでの紆余曲折が書かれ、その思いに共感したことがきっかけです。 

星の数ほどあるNPOや慈善団体の中でこの団体を選んだ理由は大きく2つ。

◎子どもが売られない社会をつくる活動をしていることに共感
◎単なる理想論や机上の空論で活動している団体ではなく、寄付を募ってお金を渡すだけの取り組みではなく現地の雇用を生み出し、将来的には現地の人たちだけで機能するようなしくみを作りつつ支援している団体であること
世の中にはいろいろな問題、課題があります。その中で「子どもが売られる」行為が、ずっとずっと理屈抜きに嫌で、その記憶の源はわかりません。微力ながら活動を応援させていただいています。